カテゴリ:素敵になってみない?( 11 )

確かに実際に苦しんでいる方にとっては……

ポルソナーレの掲示板をごらんになれば『脊髄小脳変性症』や『コルサコフ健忘症』についてのメカニズムや、対策などがお分かりになるのではないかな?って思うのですが(上記の病で苦しんでいらっしゃる方に対しては、ポルソナーレさんも真剣に向き合っていただいてると信じております)、心のトラブル対策に対してはAyukoもちょっと言わせてほしいなって思っております。

Ayukoはまだまだゼミ生の立場で、カウンセラーではありませんが、実際にパニック症状(呼気性アルカローシス)や仮面鬱の症状が出てしまったとき、過去に(ポルソナーレに出会う前)一時期病院から処方されていた薬をAyuko自身も飲んでいました。でも、これで克服できたたといえば答えは『NO!』で、不安はいつまでも取り除かれず、思わず大量に服用してしまったと言う前科を持っているのですが、服用したところで心の不安が消えたのか?と言えば答えは『NO!』で、不安だけでなく、本当に身体症状まで出てしまったのだから、心のトラブルに対しては薬物療法なんて信用できなくなり、ただカウンセリングのみの受診という条件で、心療内科に一時期通っていたことがありました。確かにそこで自分の心の闇みたいなのを吐き出すことはできたけれど、吐き出してもしばらくすれば別の不安に襲われる日々で、週1回のカウンセリングに通うのもキリがないぐらい(お金もかかるしね)で、治ったわけでもないのにいつの間にか通うのをやめてしまったことがありました。そんな時期に出会ったのが、雑誌の広告にあったポルソナーレのご案内が目に付いて、『これだ!』と思って申し込んだのが始めての出会いでした。

その当時は女性の『血液型別』のコースがあって、Ayukoは『B型』を受講していました。通信教育ならではの低料金と言う事もあって、お小遣いから月謝を支払うと言う形で受講していました。当時はまだ子供がいない専業主婦ということで時間がたっぷりあったので、子供の発達とか、栄養学とか、経験同一化の法則などを勉強し、学んだことを実行すると言う生活を送っていました。掃除に洗濯、家事のほか、身体を動かすのもいいと言うので散歩をしてみたり、お友達を誘って外出を楽しんだりしていました。御陰様で、体調や心の方も安定していて(当時住んでいたアパートの住民の方にも、『Ayukoさんって、この頃、活き活きしていてやつれた部分がなくなったよね』って言われたぐらい)、若い頃からホルモンバランスが不安定で『あなたは妊娠しにくい体質ですね。排卵も全くないし』とどこの産婦人科の先生にも言われてしまい、下腹部痛で苦しんだときは『あなたは生理を停めた方がいい』と言う助言も受けるほど(断ったけどね)だったり、生理の時期も不順だったのが、いつの間にか規則的な生理のリズムになり、生理前のホルモンが活発になったのか胸の張りを感じる様になり、それがいつの間にか結婚して4年目でMeiをおなかに宿したんですよ。それまでに不妊治療なんてした事もないし、婦人科の薬も飲んだりしなかったので、不思議な事もあるんだなって思ったものですが、今、振り返って考えてみると、心と身体は密接に繋がっているのだと実感したってことだよね?って思っています。

Meiが生まれてからしばらくは、育児をするのが精一杯でポルソナーレの学習どころではなかったのですが、Meiが幼稚園に入ってからは気を改めて学んでいます。

確かに、『薬使わずに難病や心の病が治る』ことに疑問を持つ方もおられることでしょう。でもよく考えてみれば、『薬で治る』ものならば、長い事ズルズルと心の不調を訴えて苦しんでいる方はこの世からいないだろうし、犯罪を起こす方もかなり減るだろうけど、現実は薬を飲んだところで心の不安は取り除けない。でも、人は一人では生きてはいけません。たとえ、心の不調を持っていようが、その人たちに対して偏見の目ではなく暖かく手を差し伸べ、その人の不安を解体して、これからの将来が明るい道が開けるようにすることがキーワードかな?って思っています。

正直言って、『保健体育』の授業カリキュラムの中に『ポルソナーレ・メソッド』による『カウンセリング』を子供たちに学ばせる時間があってもいいのでは?って受講して感じたものです。少年少女たちの犯罪や非行のニュースを聞くたびに。勿論、保護者対象の研修も必要ですが。
[PR]
by meaiyu | 2005-07-15 06:27 | 素敵になってみない?

やったね!

本当にうれしいです。母子ともどもよく頑張ったんだね!って自分で自分を褒めたいぐらいです。

というのも、昨日、大津日赤に行った時、先生が『おめでとう、Meiちゃん。すっかりアトピーも克服できてますね! もう受診しなくても大丈夫ですよ(*^_^*)』って温かいお言葉をいただいてしまいましたよ(*^_^*)

この台詞を言われるまで、毎月のように経過観察という形で予約外来に通っていたのですが、アトピーだからと言って安易にステロイドや抗アレルギー剤など一切使わず(処方されても捨ててたり、断っていました。ステロイド依存の恐さを父からいただいた本で知りましたので)、除去食(一時期、知人に勧められてニュースタート式(リンク先忘れてしまいましたが、『三育、ニュースタート』『SDA、ニュースタート』で検索すればヒットすると思います)にも凝ってました……ニュースタート式も薬物に依存しない方法でしたので)はしたものの、多少湿疹が出ていようが小さい頃から公園や育児サロンに(暑かろうが寒かろうが)連れて行っては外遊びや泥んこ遊びを楽しませていたり、親子で楽しめるようにと絵本を読んであげたり、育児を楽しむヒントになればとポルソナーレやしまじろうに投資をしたりとかしてきましたが、アレルギーってポルソナーレの講義でおっしゃるとおり、精神的な心のトラブルによって起こる身体症状の一つなんだよ。って言うので、子供と1対1で家の中に引きこもるよりも、子供は子供らしく子供同士関われるように心がけたり、家の中では絵本や遊びを通じて親子のスキンシップを大切にするようにしました。そして食事も大人の嗜好に振り回さないように子供の立場になって(と言っても好きなもの嫌いなものの基準ではなく、栄養とか、健康を考えてという意味で)作るようにしたり、親自身の悩みは誰かに相談するようにして、心の中にもやもやを溜め込まないことを心がけていました。

幸い、アレルギーマーチに悩まされることなく、幼稚園に入園してからは劇的に回復したのかな?って感じです。集団登降園を通じて歩く時間が増え、幼稚園で身体をよく動かしたりして体力や免疫力がつき、お友達と関わりあってお互いが安心を享受しあっているうちにかな?って思っていますが……。

アトピーやアレルギー症状って本人が一番辛かっただろうと思いますが、今考えてみると、アレルギーだからって過保護に構えるのではなく、子供の立場(食べ物に関わらず、生活リズムとかいろいろと)を考え、一般の健康体のお子さんと同様に普通に遊ばせて関わらせる、親子で楽しめる共有の時間を持つことと、とにかく薬物に依存しないことかなって思っています。

Meiの場合、未だにそばや生卵と半熟卵を口にすることはできませんが、それらは給食には絶対でないので、普通の子と同じものを食べていますが、もう大丈夫です。

Meiのアレルギー体験談になりましたが、今アレルギーに苦しんでいる方にとって参考になればと思います。

今までステロイドや抗アレルギー剤などに依存してきた方にとっては、急に止める事によって起こる回復反射に悩まされるかもしれませんが、そこで逆戻りして薬に依存するのではなく、ここさえ乗り越えればアレルギーは克服されると信じています。……でも、『本当にこれでいいのかな?大丈夫かな?』って心配だったり、『わからなき不安』を持っているのならば、ポルソナーレに相談してみてほしいなって思います。(←宣伝になってどーする(^_^;) 有料カウンセリングのほか、無料相談掲示板やMLもあります。勿論、ゼミの受講申し込みもできるよ)
[PR]
by meaiyu | 2005-06-11 06:47 | 素敵になってみない?

生まれつき右耳が聞こえない人へ。

ポルソナーレの学習の中で、『生まれつき右耳が聞こえない方』の言葉の学習の仕方というものがあったので、それをメモしておきます。

★『右耳も左耳も全く聞こえない』『全く発語できない』方
・手話を学ぶのがベスト。
・右目を使って手の動きを見る。
・右の手を中心とした手話のボディランゲージを表すという表現の仕方を学習する。

★『右耳が全く聞こえない』が『左耳は機能していて、言葉を喋れる』方
・書き言葉(右手で書く)を優先して訓練して、意味をイメージにする。
・話し言葉は絵本の読み、語り、覚え、書きの方法で、発音のリズム、ピッチ、イントネーションを発達させ、登場人物の声の調子を使い分けて話し言葉の能力を発展させる。

※補足……受話器を左耳に当てている方にもお勧めの方法です。

……この頃、Ayukoも気になることは『書いて』みたり、分からない単語を見つけると辞書で意味を調べるように心がけています。『分かる』と嬉しいんだよね。
[PR]
by meaiyu | 2005-05-19 10:13 | 素敵になってみない?

目から鱗。

昨日、どんな風なのか気になって資料請求したポルソナーレチャイルドの資料をいただいたのですが、ぱらぱらっと読んでみると、本当に目から鱗が出そうでした。完全版の在庫がなかったそうなので、大まかな情報収集といった感じなのですが、その中で子供に『数』の概念を教えるために使用するタイルを使う方法はボール紙ぐらいの厚さの紙と極細の油性ペンとカッターナイフと定規で簡単に作れちゃうという優れもの。……もう少ししたら、銀行行行ってからダイソーに行って材料を買いに行ってこようと思っています。

そうそう、それと、今朝Meiに『月ってなぁに?』って聞かれたので、『国語辞典』を使って『月という概念』を調べていたら、結構奥深く調べることになっちゃったけど、調べてると『へぇ~』って言うような発見できたりして本当に楽しかったりしますよ。

それに、物書きにとっては辞書で調べることで言葉のレパートリーが増えるというのは嬉しいことかも。……というのも小説の表現技法も完璧とは言えずまだまだ未熟な面もあり、『どう表現するんだったかな?』って忘れてしまって、省略しすぎて台詞ばかりで相手には『どんな光景なのか?』分かりづらいかもしれない。と反省させられることも多いからね。

日々、気になる単語を辞書で調べることは大事なんだなってつくづく思った瞬間です。

ほかにも漢字のきちんとした書き順の成り立ちを調べるのもいいようです。

物事を『調べる』って言うのは若々しさを保つためにも大切なんですね。

ちなみに我が家には国語や漢字字典以外にも化学用語辞典なんかもあったりしますが……。
[PR]
by meaiyu | 2005-05-13 09:17 | 素敵になってみない?

日々学習。

今日もポルソナーレのゼミのビデオを見ました。

ゼミでは『貧困の原因』などをお話されていました。

★今の世の中は『第3次産業(サービス、情報、通信など)の時代』だといわれること。つまり、『第1次産業(農業や漁業、林業など)』や『第2次産業(製造業など)』の方も『第3次産業』のことを知らないと、社会の世界では通用できなくなってしまうんだということ。

★貧困(=リスク)を防ぐためにできる事(学習)。
・右耳で聞く、右目で右上を見る、右目で対象を見る。
・『絵本』の『読み』『語り』『憶え』『書き』をする。
・物の秩序を学習する(後片付け、後始末、5S)。
・国語辞典で概念とその意味を憶える。
・報告、連絡、相談(略して『ほうれんそう』とも言われる)は『レジュメ』『メモ』『日付、時間』を用いて結論と目的、事実を述べる。

今日は、西友に食料品を買いに行ってたので、途中までしかゼミのビデオを見ていないのですが(一般の授業なら途中で抜ける行為は秩序違反ですが……)、おさらい兼ねてメモっていますが、スキルを上げたい方の参考になればと思っております。
[PR]
by meaiyu | 2005-05-11 13:27 | 素敵になってみない?

やっと再勉強。

幼稚園の本給食が始まったので、今日から溜まっていたポルソナーレのゼミ(イメージ切り替え法)の講義ビデオを見ています。……ビデオが約2時間なので、午前中保育の時は時間がなくて見られなかったものの、一応ニュースレターだけは目を通してたけど、やはりゼミのビデオではニュースレターだけでは分かりづらい部分の説明もあり、とても参考になりました。

今日学んだ中で、自分のおさらいも兼ねて、皆様にも参考になるような部分をメモってみました。

★ お仕事をしていない方へのアドバイス ★
1: 社会復帰の学習が要る(3日、3週間、3ヶ月、1年間)。
 ・挨拶のルール(笑顔で。相手に返事されなくても一方的に。相手の名前を呼んで)
 ・物の扱い方のルール(物を元の場所に片付ける。収納する。TPOにあわせるなど)
 ・『物事』の全体と部分との関係を言葉で説明する(いつ? どこで? 誰が(特に自分が)?
  何を? どのように? どうなったか?)……『事実』と『事実関係』の説明が社会性の能力。
2:五感覚と筋肉を働かせる(右耳、右目、手で書く)
3:言葉(概念)の意味で常に正しくわかって言葉で話す。書く。

★ 病院で処方された薬の名称と副作用を調べる ★
個人的に医薬品情報サイトや医薬品辞典などの類で検索するのがいいと思います。処方される薬局から渡される薬の説明書きには記入されていない副作用情報も分かります。

★ 物事が『分かる』ということ ★
物事を復習してから『分かりました』が成立する。

……おさらいをしていると、結構反省させられるものがありますな(・・;)……特にAyukoの場合は、『お仕事をしていない方へのアドバイス』に当てはまるんで、本当に気を引き締めないとね。

本当にまだまだ勉強不足で、講義聴くのもこれからまだまだ残っているんだけどね。

それでもあなたのお役に立てれば光栄です。
[PR]
by meaiyu | 2005-05-10 16:56 | 素敵になってみない?

補足。

またもや、自己TBになっちゃっていますが、勉強している中で、これは補足しておいたほうがいいのかなってことが、分かってきたので……。

老若男女の皆さん、絵本に触れてみない?の補足。

★ 文字を『書くこと』について。
 Ⅰ:平仮名、片仮名、数字、漢字の『書き順』を正確に憶える事。
 Ⅱ:『漢字』の書き順を『漢字字典』で正確に調べる。

言葉の意味を『絵本の読み聞かせ』で『正確に知ること』や、文字の書き順を『正確に憶える』ということが重要であるようです。
[PR]
by meaiyu | 2005-04-28 09:53 | 素敵になってみない?

老若男女の皆さん、絵本に触れてみない?

今回はポルソナーレのゼミで学んだことを皆にもお伝えしたくてまとめてみました。

『絵本=お子様の読み物』という方程式を持っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、『絵本』の読み聞かせって、親子だけでなく、心に何らかのトラブルを抱えていらっしゃる方(欝や分裂症などの精神的疾患や痴呆症など)には勿論、『癒し』を求める方にも気軽で副作用のないアイテムなんだそうです。

★ そこで、絵本の読み、語り、覚え、書きの方法について。

Ⅰ絵本のチョイス。
・絵本は楽しく読めるものならどれでもよい(『年齢むけ』とか、『イラストと文章の比率』は関係ないです。どれでも効果は同じだそうです)。
・絵本は2,3ヶ月同じものでも次々に新しく変えてもかまわない。

Ⅱ絵本の読み、語り、覚え、書きの方法。
・ステップ1……人に(読み聞かせをしてくれる人がいないときはテープなどに録音したもの)に絵本を、短く区切ったセンテンスを10行から20行位ずつを読んでもらう。これを右耳で聞き、絵や文章を右の目で見る。次に、自分も同じところを声に出して読む。
・ステップ2……『ステップ1』と同じところを読んでもらい、『ステップ1』と同じやり方で聞く。今度は読んでもらったところを憶えて、声に出して『語る』。
・ステップ3……『ステップ1』と同じところを読んでもらう。次に『ステップ2』と同じように右耳で聞いて憶える。これを手で紙に正確に書く。
・毎日続けて3~4ヶ月くらいやってみるといいそうです。

そういえば、『絵本』ではないけれど、ディズニー映画の『美女と野獣』でも、ヒロインのベルが野獣に本を読み聞かせて、次に野獣がベルが読んだ文章を読んでいくシーンに微笑ましさを感じたAyukoだったりするけれど、この『絵本』の読み、語り、覚え、書きの方法もそれと同様に、楽しく続けられるといいですよね。

……って、本当はAyukoも今まではMeiに絵本を読んであげることぐらいで、ノートに文章を書き写すという勉強をサボってしまっていたけど、この頃、Meiが平仮名やカタカナを書くことに興味を覚えてきたので、そろそろこの方法で親子時間を楽しめたらと思っております。これだと、教材費もかなり倹約になっちゃうしね。絵本とノート代だけで済むので(絵本を図書館で借りれば更に安上がりだよね)、教材費を倹約したい親御さんにもおススメです。
[PR]
by meaiyu | 2005-04-19 09:50 | 素敵になってみない?

メモを執ってみるといいよ。

この頃、Ayukoが心がけていることは『メモを執る』ことと、学習するときは『声を出して読んでみる』ことかな。

メモの方は口頭で伝えられたものをメモしないと、誤った概念で覚えてしまったり、別の相手にそれを伝えようとするときに『伝えないといけない言葉』が急に出てこなくなってしまって、相手に不快感を与えてしまったりするからです。

Ayukoの場合は先天的に右が聾ですが、左は普通に聞こえるし、会話も普通にできるのですが、左耳でしか物事を聞けないということは、右脳で物事を記憶しているってことだけど、右脳では『言葉本来の概念』を記憶できないというトラブルがある(言葉は、日本語は勿論、英語やフランス語などの外国語も含めて、左脳で記憶して初めて『本来の意味の概念』を記憶することができるそうなので)ため、Ayuko自身、周囲に誤解を与えてしまったり、耳が遠くて何度も『はぁ?』と聞き返すので、相手に不快感を与えてしまったことがあったからね。

メモと言っても手帳に書き込むだけだけどね。

後は、声を出して本を読んでみるのもいい感じかな。もくもくと目を通すより頭の中に物事が入って行って面白いですよ。

これは学生さんは勿論、社会人の皆さんだけでなく、老若男女の皆さんにもおススメだよ。呆け防止にもなるからね。

でも携帯、電話とかで人ごみが多い場所だとうまく聞き取れないのが困り者なのよね。その事で相手を怒らせてしまった経験があるからねぇ。
[PR]
by meaiyu | 2005-04-17 08:30 | 素敵になってみない?

出会ってよかった事。

Ayukoの場合、新婚時代にはすっかり専業主婦ということで、会社に働いた経験もなく、独身の頃もフリーターと言われてもおかしくないような人生を送っていました。

今で言うニートやフリーターにも近かったのかなって言うぐらい、当時はわがままだったのかもしれません。

Ayuko自身、生まれつき右耳が聞こえないということで、殆ど人と接する事のない黙々と作業できるようなデザインや文章家、画家などの職業に憧れ、専門の高校や短大にも通って勉強していたのですが、いざ就職となると、どこからも内定をもらうことが出来ず、『デザインの勉強なんかも頑張ってきたのにどうして?』とものすごく落ち込んでしまっていたのですが、今思えば、当時のAyuko自身、『恣意的な解釈』で生きていた結果だったのかな?って思うんですよね。『自分はこんなことは無理だから』って勝手に決め付けて、やってみないうちから『こんなことできない』と簡単に諦めてしまったりして……あの頃のAyukoってひどい分裂症だったんだなって感じなのです。

ちなみに、障碍やハンデを抱えて生まれてしまったとしても、たとえ、コンプレックスを抱えたとしても、『できないから避ける、諦める』ではなく、『できることは何か?』『助けを求めたいときは自分自身で相手にHELP!を言えるか?』といったような『療育』能力を伸ばすのが大事なのだなってね。勿論、周囲も『この人は○○だから、仕方ないや』って『諦めたり、避けたり』しないで、『困っていることには力を貸してあげよう』『この人だって、こんなことができるんだね』って温かく見守らなくっちゃね。

確かに、色んな夢を持つのは素敵なこと。でもただデザインや文章などのテクニックがよいとか、センスや能力があったりしたとしても、やはり人と『健全に接する』という能力と自分自身が『社会的に生きていける能力』がなければ、世の中に通用しないんだということもこの頃分かってきました。やはり、物を作ったり、書きあげていく(漫画や小説、絵画やイラスト、そのほか)という事も、ただテクニックを磨くだけでなく、やはり色んな経験(人と接していく経験、社会での経験など)を大切にしていってほしいなあ。って思っています。

旦那には内緒なのですが、新婚時代は雑誌に載っていたカラーコーディネーター(U-Can)やらポルソナーレB型コースなどの月々、お小遣いで出せる月謝の通信教育に手を出していたのですが、その中でポルソナーレとの出会いがなかったとしたら、今のAyukoがいなかったのではないかなって思えるほどです。

でも、春休みとかなかなか勉強の時間が取れず、ビデオ講義のほうが見れなかったので、そろそろみなくっちゃって感じだったりしますが……(-_-;) プリントの方は暇があったら目を通してるのだけどね。

※ 今回、前回投稿した記事と自己TBしています。前回の補足的な話題なので。
[PR]
by meaiyu | 2005-04-14 10:26 | 素敵になってみない?