共感できる人と出会えたらいいな♪

自己紹介の時に「小説はまだステップ1に過ぎない」って言ったけど、ほんとコレは「こういうお話がありますよ」って言う提供にしか過ぎないと考えています。
コレをモティーフに「登場人物の○○ちゃんをイメージしてこんな音楽作ってみたよ♪」とか「こういうファッションどうかな」とか「お話を原作に漫画書いてみたよ(*^_^*)」「ラジオドラマやってもいい?」「イメージして商品作っちゃった」「こんな歌はどうかな?俺作ってみたんだ」なんていう風に膨らんでいったら、作者にとってはなんて嬉しいんだろうって思えるんですよ。
人間ってそれぞれ特技や不得意があるけれど、お互いの特技を活かしあって調和できたらすっごく素敵なんだろうなって思えるんだよね。
贅沢な考えかもしれないけど、人気のある番組やゲーム、人気のある本や洋服だっていろんな声やいろんな力の調和でいいものが完成してるんじゃないかなって。一人で頑張ってる人もいるのかもしれないけど。
昨日は夢を語りたくて興奮して眠れなかったぐらい。

ブログをきっかけに創作に関して共感できる方と一緒に夢が叶える日に向かって頑張っていきたいなってね。
[PR]
# by meaiyu | 2004-04-10 07:40 | 夢を語る

小説の舞台のイメージ。

今日、子供が児童館で子供同士遊んでいる間、児童館の本棚にあった図鑑を眺めていたら「おっ、これこれ。これがこうなったらこの場所だな」って思うことがあったのでふと。たしなめとこっと♪

小説『Private Diary』シリーズの舞台である架空都市・美龍(メイロン)のモチーフといえば、Ayukoが見た夢の風景であるけれど、大体の雰囲気は日本なら坂道が多い神戸といったところでしょうか?伝統の景観を大切にしているけれど最先端もありみたいな町並みや印象的に。だけど、もしもこのお話たちがドラマなんかになったとき、神戸をロケにしてもいいかな?言う反面、ちょっと微妙に違うって印象もあるんだよね。でもうまく表現できなくて困っていたんだけど、図鑑が一気に解決してくれたなって感じ。
ちなみに美龍市内には『モン・サン・ミシェル』……海の中の岩山にそびえたつフランスの修道院のような建物が水没して遺跡のようにさびれた小さな孤島があるのです。海水浴場(やっぱり須磨がモチーフかも)から約200メートルぐらいの距離かな。海水浴場から手漕ぎボートでいけるようになってます。
[PR]
# by meaiyu | 2004-04-09 20:58 | 『Private Diary』裏話

登場人物のこと

皆さん、小説や漫画に登場するキャラクターの設定ってどんな風に設定してますか?

Ayukoの場合、割とお店とかで可愛い洋服や雑貨を見て「あ、これはこのキャラクターが持ってそうだな」ってにんまりしたり、町行く人のファッション見て、「この人のヘアスタイルはこの子ならしてそうだな」って想像してみたり……。ライフスタイルもふと考えちゃったりしますね。「こんな生活してそうだな」ってね。
だから同人誌とかで相手に挿絵をお願いするときは資料としてファッションカタログやインテリアなどのカタログを大量に送ってしまうぐらいのこだわり様です。

って言うことで、今日はヒロイン的存在のミキちゃんについての設定イメージを……。

・基本的に子供っぽい女の子。
・洋服は大体ママの会社のサンプル。でもこってりしたフリルや大人っぽいファッションより、元気で、ポップで可愛いファッションが好き。素材的にはジャブジャブ気軽に洗える物って感じですかねー。シノラーまではいきませんが、アクセサリーはおもちゃっぽいのが多いかな。でもこってりつけるのではなく、1品か二品ぐらい。指輪は失くしちゃう方なのでつけない。ヘアゴムはポップな物が多いです。
・学校にはカラーペン一式やらプリクラファイルなどは必需品。
・水森亜土ちゃんグッズとか可愛いもの集めてるかも。しかもそれっぽいイラストも描いている。
・子供の頃あそんだお気に入りのおもちゃを未だ大切にしていて、ディスプレイを楽しんでいる。おままごとや、着せ替え人形やぬいぐるみやそのほかいろいろと……だから部屋の中は雑貨屋さんにでも迷い込んだ印象です。

そのほか「私ならこういう設定もアリかも」って言う方や、ファッションや雑貨に詳しい方からの情報もお待ちしています。いろいろとお勉強させてね。
[PR]
# by meaiyu | 2004-04-09 09:24 | 『Private Diary』裏話

始めましてこんにちは。

始めましてこんにちは。美龍出版局の管理人をやっているAyukoという者です。
Ayukoはお話を作るのや絵を描くこと、ファッションのこと、可愛い物……などいろんなことが大好きです。だからHPで小説などを発表しているのですが、発表したから『はいコレで完成』とは考えていません。
なぜなら小説といっても『こういうい話がありますよ』という手段の一つに過ぎないわけだし、ステップの第一歩を踏み出しただけなんです。
スケールでかすぎの妄想と言われそうですが、本当の夢は、それらが漫画やアニメ、ドラマなどヴィジュアル化されたりすることなんです。だからこそ、ブログを通じていろんなジャンルの方と出会い、お互いの特技を活かして、一緒に素敵な作品を作り上げたいと思っています。
小説や漫画・アニメだけでなくファッションや音楽、雑貨そのほかいろんなジャンルの方も気軽に参加してね。
これからもよろしくね。

Ayukoの小説のあるサイト先です。
http://www.h6.dion.ne.jp/~meaiyu
[PR]
# by meaiyu | 2004-04-09 08:53 | 自己紹介&ポリシー